山下清澄

 
 
1941 千葉県茂原市に生まれる
1963 文化学院美術科卒業
1964 舞台美術を担当し、寺山修治、竹内健を知る。
1968 初個展カタログに三島由紀夫、森茉莉が執筆
19741975 パリ滞在、個展、ドイツ・ハノーバー、エディション買い上げ
19761978 ミラノ、ローマに滞在、製作、個展
1983 詩画集「幻想庭園」<散文詩:A・P・ド・マンディアルグ>完成
1984 「大人たちの残酷童話」(新潮社)<作:倉橋由美子、銅版画:山下清澄>発行
1985 画集「山下清澄 ノスタルジア」(美術出版社)発刊
1989 東広島に製作の場を移す
19921993 新潮社ハードカバーキャンペーン・ヴュジュアル作家に選出される
1994 山下清澄色彩銅版画展(東広島市立美術館)
      ≪パブリック・コレクション≫
    神奈川県立美術館 米子市美術館     横浜市民ギャラリー  新潟市美術館  横浜美術館   東広島市立美術館  

 
 

郊外の鳥と戯れるニンフ 80×85

 水辺での夢

 一角獣を惑す女 

 夢 154×52

 海からの景色
 (双魚宮の女)

 

 海からの景色
  (双魚宮の女)

 星空の下